理学療法士転職サイトランキング

理学療法士の転職活動ナビ

理学療法士の資格を持つ人におすすめ!転職サイトの人気ランキング

理学療法士 転職サイト ランキング

理学療法士の求人を探すなら、「理学療法士専門の転職サイト」を活用しましょう。

一般的な転職サイトと比較して好条件の求人が多い他、エージェントも理学療法士専門の人がついてくれますから、業界情報をよく理解していて転職支援も効果的に行ってくれます。

↓以下では、理学療法士の方におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

なお、いずれのサイトも無料で使えます。エージェントとの相性もありますので、2〜3社ほど登録して活用するのが良いでしょう。

1位:マイナビコメディカル



理学療法士の転職紹介なら【マイナビコメディカル】

マイナビコメディカルは、転職大手のマイナビが運営している理学療法士専門の転職サイトです。

アドバイザーの質の高さには定評があり、「職業紹介優良事業者」と「プライバシーマーク」を取得しています。

求人先にも実際にアドバイザーが足を運び、斜面では分からない職場の雰囲気等も調べてくれます。スピーディーな対応が特徴です。

サイトは求人情報以外にも「理学療法士としてキャリアアップしていくための情報」がとても充実しています。

履歴書や職務経歴書の書き方、訪問リハビリの特集等のコラムもありますので参考になりますよ。

Twitterもあるのでフォローしてみるとためになる情報が得られます。

東京や大阪等で転職のセミナーも定期的に開催していますので、こういうところに参加してみると良い求人が見つかるかもしれません。

ただし、地方の求人はやや少なめです。その点を考慮して利用しましょう。

2位:PTOT人材バンク

他のサイトは看護師や他職種の求人募集も兼ねている事も多いですが、こちらはリハビリ専門の転職サイトなだけあって、理学療法士の求人数が多いです(ただし、やや都市部に集中しています)

他のエージェントは職種の兼任もあり得ますが、PTOT人材バンクはエージェントは専任なので、より理学療法士の要望に即したサポートが行えます。

また転職までの流れの説明もとてもていねいな印象があります。

サイトの登録後にする事や、面接までにする事等、その時の状況に合わせて1つ1つのサポートが手厚いですね。

また転職者の人物像や希望条件などを記載したキャリアシートを求人先に渡す等、他にはない工夫があります。

1つ1つの対応が丁寧な分、連絡は密に行われるので、連絡頻度が多いと言われがちです。ですが強く転職を望むなら良いでしょう。

他のエージェントは面接に同行する場合がありますが、面接前後の転職者紹介を丁寧に行う為、面接同行はありません。

どうしても同行を希望するなら上で見たマイナビコメディカルが良いでしょう。

3位:PTOTST WORKER

こちらもリハビリ専門の転職サイトです。

特筆するのはトップクラスの求人数を誇り、病院、施設、訪問系、通所系等、多くの分野の求人を揃えています。

他のサイトには載っていない非公開求人も多いです。

サイトのコラムも充実しており、各職種の年収等も書かれており参考になります。

リハビリ専門のサイトな分、エージェントも専任なので、理学療法士の知識も豊富です。
入職後のアフターフォローもあり、入職後に給与や勤務形態が違う場合に相談や交渉も可能です。

非公開求人数が多く、検索をかけても情報が少ない求人も多いです。
求人だけではその魅力が伝わりにくく、エージェントからの情報次第な面がありますね。

4位:メドフィット

サイトの使い勝手はとても良く、気になる求人はワンタッチでお気に入り求人に登録出来る等、細部に工夫がなされています。

各種コラムも充実しています。

また友人が求人を探している場合に、その旨をエージェントに伝え、その友人がメドフィットを登録すると、紹介した人に4000円、された人に2000円が入る制度があります。

友人に転職を勧める時には活用すると良いですね。

他の転職エージェントよりも押しが強すぎず、「まずは情報収集から」と考えている人にはおススメです。

具体的な話が進みますと、面接対応等の様々なサポートが受けられますが、それまでの対応はやや遅く、今すぐに転職したい人には不向きです。

また他のサイトに比べると求人数は相対的に少ないようです。

5位:リハビリのお仕事

とにかく求人の情報量が豊富です。

地図やアクセス、職員からの一言等、他にはない情報が網羅されています。

子育てと両立できる、徒歩10分以内求人等、他とは違った切り口も魅力です。

元々保育士の求人を募集していた会社であり、女性がいかに働きやすい職場を提供できるかに重点を置いています。

まだ開設して間もないサイトなので、求人数は他と比べると少ないです。

地域によっては1件もヒットしない事もあり、都市圏向けのサイトです。

まだこれからのサイトなので、今後に期待しましょう。

転職する理学療法士は多い!離職率は?

理学療法士の離職率は「どこで働くか?」によってかなり違いがあります。

↓平成27年のデータでは、以下のようになっています(離職率は低い方が良いです)

職域別の離職率

  • 病院等の医療分野:10.2%
  • 介護分野:18.8%
  • その他一般職の平均:15%

理学療法士は病院等の医療分野で勤める人が圧倒的に多いです。

病院は給与・福利厚生の良いところが多いので、転職率も低い傾向がありますね。

一方で、介護分野はかなり離職率が高いのが実情です。

介護分野の離職率が高いのは、施設内での職員にかかる負担が大きいことや、給与条件があまりよくないことが理由として考えられます。

条件の良い求人を見つけるなら、理学療法士専門の転職サイトを使うのが良いですよ。

↓理学療法士専門の転職サイトで1社だけ使うとすると、上のランキングでも第1位として紹介したマイナビコメディカルがおすすめです。



理学療法士によくある転職理由は?

転職理由はネガティブな理由とポジティブな理由に分けられます。

ネガティブな理由は、職場の人間関係が悪い、給与が安いもしくは増えない等が挙げられます。

ポジティブな理由は、違う分野で学んでみたい、新規立ち上げのメンバーとして勧誘される等でしょうか。

他には結婚や地元に戻る等でやむ終えずという場合も挙げられるでしょう。

転職サイトを有効に活用しよう

近年増えているのは転職サイトの活用です。

転職サイトでは職種や勤務地域を検索すれば、すぐに求人を見つける事が出来ます。

理学療法士の転職サイトでは、大抵は転職エージェントのサービスも整っています。

希望すれば転職エージェント様々なサポートをしてくれるので、活用するのがオススメです。

理学療法士が転職エージェントを使うメリットは?

転職活動は面接や見学の日程だけでなく、雇用契約書の確認や入社関連の手続き等、様々な事をしなくてはいけません。

エージェントはそれらを引き受けてくれます。

待遇が良い求人だと応募が殺到する為、求人を非公開にしている場合があります。

転職エージェントから紹介を受け、条件が合致すれば、それらの高待遇の求人を紹介してくれます。

自分が希望する求人以外にも高待遇の求人を紹介してくれる等、転職に対する視野が広がります。

その他、まとめると以下のようなメリットがあります。

  • 採用担当者とのアポ取りなど、面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • 条件の良い日公開求人の紹介をしてもらえる
  • 面接では紹介出来なかった貴方の魅力をエージェントが伝えてくれる
  • 給与UP交渉を代行してくれる

これらはもちろん自分でやり取りを行っても良いですが、昇給額、人間関係等、直接は聞きにくい情報も多く、転職しても「思っていたのと違う」という事態になりかねません。

エージェントの活用は、理学療法士のキャリアアップ転職成功のカギになるといえるでしょう。

理学療法士が転職サイト以外で求人を探す方法は?

上では理学療法士の方向けに、転職サイトを使って求人を探す方法を紹介しました。

もちろん、転職サイト、エージェント以外で求人を探す方法もあるので、紹介しておきます。

各病院や施設のサイト

求人は各病院や施設のサイトをみれば募集状況が分かります。

給与や大まかな各種手当、年間休日等の情報が記載されています。

各種連絡は自分で行う必要がありますね。

知人からの紹介

同じ理学療法士から紹介してもらう場合です。

同期や元同僚から「この病院で理学療法士が辞めたからが募集している」等と紹介される場合です。

この場合、人間関係や病院内の事は紹介者を介して聞く事は出来ますが、昇給や賞与等は人により違うので、正確な情報は分かりません。

また断る場合も紹介者の面子もあるので、今後の人間関係にも影響するかもしれません。

どの方法もメリット、デメリットがありますね。
総合的に判断すれば、転職エージェントの活用が最も良いと言えるでしょう。

まとめ

今回は理学療法士の求人サイトをランキングにて紹介しました。

この中で気になったサイトは見つかったでしょうか?

転職サイトを活用して、是非とも転職を成功させてくださいね。

Copyright© 理学療法士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.