転職先に馴染めない場合の対処法

職場の悩みナビ

転職先 馴染めない

(「転職してようやく内定が出たと喜んでいたけれど、実際に働き始めると職場に馴染めない…がまんしてでも今の職場にいるべき?」
この記事では、転職先に馴染めないというお悩みをお持ちの方に具体的な対処法を解説するとともに、転職すべきかどうかの判断基準を解説します。)

・新しい職場になかなか馴染めない。
・職場が変わると人間の種類がこんなに違うとは…
・「半年以上働いているけどまだ馴染めない」はミスマッチ?
・3か月前に転職してようやく内定が出たと喜んでいたけれど、実際に働き始めると職場に馴染めない…がまんしてでも今の職場に食らいつくべき?それとも…

前職を辞めて新しい職場で働き始めたはいいものの、「なかなか新しい転職先に馴染めない」というお悩みをお持ちの方は少なくないでしょう。

この記事では、転職先に馴染めないという問題を解決するための具体的な方法を解説するとともに、転職すべきかどうかの判断基準を解説します。

(結論から先に言うと、半年働いてまだ馴染めない…という場合には転職を選択肢に入れる必要があるでしょう)

転職先に馴染めない人が実践してみるべきこと5つ

あなたが今「転職した職場に馴染めなくてつらい…」と感じているなら、次のようなことをぜひ実践してみてください。

転職先に馴染めない人が実践してみるべきこと5つ


  • ①今いる場所をデフォルト(初期設定状態)と考える
  • ②コミュニケーションを大切にする
  • ③「2つの時間」を見つけよう
  • ④正攻法で考える
  • ⑤嫌われる行動と好かれる行動を知る

それぞれの内容について、順番に解説します。

①今いる場所をデフォルト(初期設定状態)と考える

転職先に勤めることになった際には、まずは以前の企業の考えを捨てた、デフォルト状態で働いてみることが重要となります。

なぜなら余計な感情に左右されることなく、会社の社風や制度を受け入れることができるからです。

転職をした際には、以前の会社と違って社風や規則が異なるということは日常茶飯事となります。

まずは今までの考えを捨て、新入社員のような気持ちで環境に馴染んでいきましょう。

②コミュニケーションを大切にする

転職先に馴染むためには、積極的にコミュニケーションを取っていくことが重要となります。

なぜならコミュニケーションを取らない限り、相手も心を開いてくれることはなく、居心地が悪くなってしまうのです。

なので

  • 分からないことは積極的に聞く
  • 新しい職場のルール・情報をインプットする
  • 職場の人間関係を把握する

これらを実践していきましょう。

③「2つの時間」を見つけよう

毎日転職先のことばかり考えていても、大切な時間を浪費していくだけになってしまいます。

なので今後のためにも「新しい仕事を見つける時間」と「今の生活を最大限楽しんでいく方法を考える時間」を見つけていくことが大切です。

新しい仕事を見つけつつ、自分が楽しむ時間を作っていくことで、将来的にもいい方向に働くように考えます。

2つの時間を作ることで、日常のバランスを保っていくのです。

④正攻法で考える

最初転職をした人は無理に馴染もうとして、仕事とは関係のない話をしてアピールをする人がいます。

しかし結果を出していない状態で自分をアピールしていくことは、周りからしたら迷惑でしかありません。

なので常に中途新人の気持ちを忘れず謙虚に過ごし、仕事において結果を出していきましょう。

結果を見せていくことで周りは信頼をするようになり、一緒の仲間として迎えいれてくれるのです。

⑤嫌われる行動と好かれる行動を知る

新しい職場で仕事をしていくにあたって、嫌われる行動と好かれる行動があります。

新しい転職先で嫌われる行動


  • 前の会社のやり方のまま仕事をする
  • 初めから上司や先輩の確認をとることなく仕事を進める
  • 社内ルールを自己判断で無視する・軽視する

新しい転職先で好かれる行動


  • 年齢職歴によらず、相手から学ぼうとする姿勢がある
  • 最初のうちは「このようにしようと思うのですが…」という行動前のワンクッションを持つ
  • 前の職場は引き合いに一切出さない:素直に話を聞く

転職した人は常に周りから見られています。

行動内容を覚えておき、意識していくだけでも大きな変化が生まれるでしょう。

どうしても馴染めない職場はある

ここまで「今いる職場でどううまくやっていくか?」という視点で解説してきましたが、「いくら頑張ってもどうしても馴染めない職場」というものはあります。

具体的には半年以上働いているけれど、まだ馴染めない…と感じる職場は、そもそもあなたの性格や適正にマッチしていない可能性が高いでしょう。

以下では、転職すべき職場の判断基準について具体的に解説いたします。

まずは半年がんばって見極めよう

なかなか馴染めないとはいえ、短期間で判断することは軽率な行動になってしまいます。

少しでも会社の方針に従って働いてみたり、職場の人とコミュニケーションを取っていかないことには、本当に自分に合っているかの判断をすることはできません。

なので、まずは半年間仕事を頑張ってみて、自分に合っているかを見極めていきましょう。

半年頑張ってみても馴染めない場合は、本質的にあっていない可能性大となります。

転職を考える

転職先で半年経つと、ある程度「どういう人か」という評価が職場で固まってきてしまうので、そこからの挽回は難しくなってきます。

なので自分に合った職場ではないと判断し、転職を視野に入れていくと良いでしょう。

ただし、すでに転職を経験しているあなたが転職活動をまた新たに始めるときには、いくつか注意しておくべきことがあります。

その具体的な注意点について、次の項目で解説します。

転職活動を始めるなら「在職中に開始」が絶対条件

転職をするからと言っても、安易に離職をしてはいけません。

なぜなら離職者の転職市場での評価は極めて厳しく、すぐに次の職場を見つけることは困難を極めるからです。

なのでどうしても現在の職場に馴染めない場合は、今の職場にいながら転職活動を始めることが重要となります。

さらに在職中に探していくことで、今の職場との違いを見つけることができ、理想的な転職先を見つけることに繋がっていくのです。

まずは情報収集だけでも始めてみましょう

転職をする決意をしたら、まずは情報を集めていきましょう。

まず最初にすべきは、理想となる会社を探すための転職サイトの訴求です。

転職サイトによっては、他で載っていない非公開求人があったり、自分に合った仕事を判断してくれる適職診断を行ってくれるサイトもあります。

また登録をしておくだけでも、次々と新しい情報をくれるので、転職サイトを活用し今までに見つけることのできなかった職場を探していくことが可能です。

さらに具体的に動き出すなら転職エージェントに相談する

より満足のいく転職活動を行いたいなら、転職エージェントを活用することもおすすめとなります。

なぜなら転職における不安を相談できるだけでなく、自分では見つけることができなかった企業を探してくれるからです。

転職エージェントは、転職者と企業を正しくマッチングすることに力を注ぎます。

転職した後のことを考えてもアドバイスをしてくれるので、相談するだけで転職後も安心して働けるようになるのです。

まとめ

転職した時に、最初馴染めないという人はたくさんいらっしゃいます。

しかし最初の転職先が必ず正解ということはなく、ずっと同じ場所で働かなくてはいけないという決まりもありません。

自分の理想となる転職先を見つけていくためには、少しずつ行動を起こしていき情報を集めていくことが重要です。

まずは他の会社の情報収集から始めてみて、自分の理想となる会社を探してみてはいかがでしょうか?

投稿日:

Copyright© 職場の悩みナビ , 2019 All Rights Reserved.