理学療法士転職サイトランキング

理学療法士の転職活動ナビ

理学療法士の仕事の本音

【理学療法士の仕事の本音】30代・年収420万円の男性の転職体験談

理学療法士 仕事の本音

(理学療法士の仕事の本音は?お給料の面にフォーカスして転職体験談をお聞きしました)

理学療法士として働きたいと思っているけど、年収どのぐらい稼げるのか気になる…。

↑こういう不安をお持ちの方は多いでしょう。

「手に職をつけたい」という気持ちで理学療法士を目指す方は多いですね。

しかし、実際にどのぐらいの年収を稼げるのか?となるとなかなか本音を聞ける機会というのは少ないです。

今回は、年収面にフォーカスして実際に理学療法士として働いている方にお仕事の本音をお聞きしました。

高松さんは老人保健施設やサービス高齢者住宅を運営している会社で働く理学療法士の方です。

  • 理学療法士の給料は高い?
  • 理学療法士に向いている人・向いていない人とは?
  • 理学療法士によくある悩みや退職理由とは?

など、気になる質問について本音でお答えいただきましので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職サイト

  • PTOT人材バンク
    理学療法士が転職サイトを1つだけ使うならここがおすすめです。 給与交渉や勤務時間の交渉も代行してくれるので、少しでも良い環境で働きたい人はここを使いましょう。
  • PTOTキャリアナビ
    対応エリアは一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)のみですが、このエリア内なら手厚いサポートを受けることができます。
  • マイナビコメディカル
    転職大手のマイナビが運営している医療従事者専門の転職サイト。常勤正社員〜扶養内で働きたい人のための非常勤求人まで豊富な求人があります。

【理学療法士の仕事の本音】30代男性の転職体験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :高松真斗
  • 在職年齢:25歳〜(在職5年目)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :年収約420万(子供1人分の扶養手当含む)
  • 会社規模:従業員は300人ほどの大規模法人

私は従業員300人ほどの大規模法人で理学療法士として働いています。

私の会社は、医院の他、3つの老人保健施設、2つのサービス高齢者住宅を運営している会社です。

通所リハや訪問看護等も併設しています。

身体に障害のある患者や、筋力や体力の低下した高齢者に対して、歩く、起き上がる等の日常動作ができるよう理学療法を提供しています。

理学療法は多岐に渡り、ストレッチやマッサージ、マシントレーニングや物理療法等があります。

他にも歩行練習等の動作の指導や、適切な福祉用具、住宅内の危険な場所のチェック等も行います。

理学療法士として働いていてお給料に不満はありますか?

現在の年収は約420万円です。

↓内訳にすると以下のようになります。

  • 月額給与:27万円(手取り22万円)
  • ボーナス:月額給与の4〜5ヶ月分=95万円(手取り75万円)
  • 年収総額:約420万円

月額給与は額面で27万円、手取りにすると22万円になります。

子ども1人分の扶養手当等が含まれています。

賞与は4〜5カ月分で額面は95万円・手取りは75万円です。

ワークライフバランスはどうですか?

残業はあまりなく、育児にも専念できるので、今のところはそれほど不満はないというのが本音です。

しかし、今後の昇給や役職の有無を考えるといずれ不満に変わる可能性があります。

理学療法士と言う職であれば多い方ですが、同世代全体の年収と比べると平均かやや少ない位というのが本音ですね。

理学療法士としてたくさんのお給料を稼ぐにはどうすれば良いと思いますか?

ニーズが増えている介護分野に積極的に取り組むのが良いと思います。

訪問リハビリの分野は年収500万円以上の所もあります。

後は有料老人ホームやデイサービスを展開している企業等は、年功序列でなく能力で給与が大幅に上がる可能性もあります。

お給料に不満があるなら転職が最も良いですが、病院に比べると業績悪化による給料の変動や、潰れるリスクがあります。

治療技術を上げて講習会を開く、フリーランスで他の病院に派遣される等して、お給料を+αで得ている理学療法士もいます。

理学療法士は安定してお給料を貰える仕事から、自分の個性を発揮して収入を増やしていく仕事に変わりつつあるのです。

理学療法士の転職活動の進め方について教えて下さい

理学療法士の求人は、病院や訪問看護ステーション、老人保健施設等のホームページで情報を得ることができます。

また、転職サイトにもたくさんの求人が掲載されています。

↓※理学療法士の求人が専門の転職サイトはこちら

マイナビコメディカル

理学療法士の求人たくさん!マイナビコメディカル

特に転職サイトは新規立ち上げの求人等もあり、基本給や福利厚生等も明記されているのでおすすめです。

後は養成校の同期から、その病院や施設で空きが出たときに情報を得ることもあります。

人づての情報では、その病院や施設の雰囲気や内情を事前に知る事ができるメリットもあります。

理学療法士の転職までの流れについて教えて下さい

病院や施設のホームページを見て応募する場合には、直接電話をして応募します。

転職サイトを使う場合にはサイト経由で応募して、見学や面接という流れに進むことが多いですね。

雰囲気や自分が働く上でのイメージを作るためにも見学は必ず行きましょう。

見学をして、その職場が気に入れば、面接の日程を決めていきます。

履歴書はほとんどの転職に必要ですが、筆記テストや作文等が課せられる場合もあります。

理学療法士の面接ではどんな事を聞かれますか?

聞かれるのは自己PR、転職をする理由、前の職場で得た経験や理学療法士としての考え方等です。

後半には志望動機や、今後の展望等を問われます。

面接官達は貴方と一緒に働きたいかと言う事を見ています。

自己PRや経験等は嘘をつかず。

貴方が思う事を貴方の言葉で伝えましょう。

理学療法士も病院勤務や訪問リハビリ勤務等、職域が異なると得手不得手が出てきます。

新たな分野に挑戦する時は分からない点はしっかり伝え、これから学んでいく事を伝えましょう

理学療法士は「1つの職場で出世していく」という働き方は難しい?

医療費が財政を圧迫する中、理学療法士の数は非常に多くなっている感じがあります。

理学療法士の新卒の給与は年々抑えられ、昇給も少ないです。

私の職場も、年間での昇給額は3000円位なので、あまり増えていません。

病院や介護保険施設は、ベテランの理学療法士が課長などの役職につき、先輩の理学療法士が大勢いる場合が多いです。

年収を上げるには実力をつけて転職していくことが求められる

かつては理学療法士は人手が足りず、若くして役職につく事がほとんどでした。

年功序列の場合は10年以上役職に変動がない事も多く、役職は詰まり気味です。

理学療法士として高年収を目指すなら、1つの職場で出世していくというより、実力をつけてどんどん転職していくというやり方が正しいと思います。

そのため役職手当による給与の底上げができる人は限られてきます。

40代50代でも平社員と言う理学療法士は増えてきます。

私は管理職に就きたいと考えていますが、他の職場で役職の可能性があるなら転職を検討するかもしれません。

理学療法士は活躍の場が広がっている仕事

高齢社会の到来にともない、理学療法士の活躍フィールドは広がっています。

病院や介護老人福祉施設、通所系サービス等の他、スポーツ分野や介護予防を目的とした行政にも携わるようになっていますね。

理学療法士は、もちろん理学療法の仕事がメインです。

しかし、通所系サービスでは利用者の送迎や介護分野にも関わるため、どのような役割を担うかはその職場によって異なります。

患者や家族、看護師等の他職種と関わる機会も多いです。

理学療法士はコミュニケーション能力も求められる仕事と言えます。

おすすめの転職サイト

  • PTOT人材バンク
    理学療法士が転職サイトを1つだけ使うならここがおすすめです。 給与交渉や勤務時間の交渉も代行してくれるので、少しでも良い環境で働きたい人はここを使いましょう。
  • PTOTキャリアナビ
    対応エリアは一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)のみですが、このエリア内なら手厚いサポートを受けることができます。
  • マイナビコメディカル
    転職大手のマイナビが運営している医療従事者専門の転職サイト。常勤正社員〜扶養内で働きたい人のための非常勤求人まで豊富な求人があります。

日常的にはどんな仕事を担当されていますか?

私は通所リハを主に担当しています。

自宅で生活している人で入浴や理学療法士が必要な人達を迎えに行きます。

通所施設で血圧等のバイタルを測定し、入浴やリハビリを提供します。

勿論仕事は理学療法がメインですが、送迎によるハイエースの運転、フロア内の付き添い、トイレ介助等、行う事は多岐に渡ります。

トイレや歩行等、通所リハで行う事は全て自宅での生活に直結します。

それらをできる範囲で利用者(患者ではありません)に行っていただきます。

出来ない部分は介助したり、指導をする等して、自宅での生活を継続できるよう支援をしていきます。

お客さんはどんな層の人たちですか?

私の施設は高齢者がメインで70代〜80代がほとんどです。

最近は若くして脳血管障害を患う人もおり、50代の人も数名います。

男女比は女性の方が多い傾向です。

男性は高齢化した時に介護サービスを利用したくないと思う人が多いので、ほとんどの通所リハは女性が多いでしょう。

理学療法士の仕事は、どういうふうに社会の役に立つ仕事だと思いますか?

理学療法士は患者さんの「歩きたい」「買い物に行きたい」等の様々なニーズを叶える仕事です。

その人の持つ力を最大限に発揮させる、新たな方法を模索するなど、実際に採用する方法はたくさんあります。

理学療法はそうした選択肢の中からその人らしい生き方を一緒に探すという仕事をしていると思っています。

在宅介護サービスは今後も増えていく

また最近は医療費が国の財政を圧迫しており、在宅での介護が求められています。

通所リハで理学療法を提供する事で、その人の身体機能を維持して転倒や入院の予防に繋がり、医療費を削減出来ます。

また筋力や体力を維持させる事で、介護をする家族の介護負担を減らす事も出来ます。

理学療法士はその人個人だけでなく、家族や社会全体にも役に立っていると考えています。

理学療法士の働く時間や残業・休日出勤の有無について教えて下さい

私の職場では、定時は8時30分から17時30分です。

通所リハは日曜以外営業しており、勤務体系は日曜と、他にどこか1〜2日程休みがあります。

月末に書類が多い時に1時間程残業する事があります。

また定期的にミーティングがあり、休日と被っていると出勤します。

それ以外で急な出勤等はありません。

残業や休日出勤については割増の手当ては付いていますし、サービス残業はありません。

理学療法士の仕事が楽しい、やりがいがあると感じる瞬間は?

理学療法を通じて今まで出来なかった事ができるようになった時です。

利用者や家族から「ありがとう」と笑顔で言われた時は理学療法士になって良かったと思います。

孫の結婚式までに歩きけるようになりたい

孫の結婚式で花嫁の孫と一緒に歩きたい人がいました。

理学療法として、歩行練習や筋力トレーニングを実施した他、杖の選定等も実施しました。

家族への歩行介助指導の他、各職種、ケアマネ、家族が定期的に集まり、結婚式の参列に必要な動作の検討や、式場の環境の情報収集も行い、本人のニーズを叶えるために連携を取りました。

結果的に結婚式に参加出来、後日その時の写真を見せてもらいました。

皆で連携し、1つの目標を達成する事にやりがいを感じたケースです。

理学療法士の仕事で「ここがつらい・しんどい」という点を教えてください

理学療法は日々新たな治療技術や、研究が進んでいます。

質の高い理学療法を提供するためにも、仕事以外の時間も勉強が必要です。

休日や仕事帰り(残業ではなく自発的なもの)に研修に参加する事もあります。

仕事で疲れているのに、更に勉強も重ねるのは体力的にしんどい時があります。

理学療法士によくある退職理由は何ですか?

勉強や研修の成果がお給料に反映されにくい事です。

理学療法は一回〜円と単価が決まっていますが、ベテランも新人も値段に違いはありません。

理学療法として多くの患者や利用者のニーズを叶えても、病院や施設の業績が悪いと昇給がほとんどない場合もあります。

実際に割に合わないと辞めた同期がいました。

それでも家族や患者、利用者の「ありがとう」と言う言葉はお金には変えられない価値があります。

職場内でリーダーシップを発揮し続け、役職や賞与に反映できるよう、頑張っていきましょう。

理学療法士の仕事に向いている人は、どんな人だと思いますか?

患者や利用者のために親身になれる優しい人なのは当然ですが、色々な事に疑問を持ち、探究心のある人が向いていると思います。

臨床の場面では、何故この人は足が痛いのか、何故この人は歩けないのかと言う様々な疑問が出てきます。

答えも一律ではなく、ケースによって筋肉が原因だったり、動作方法に問題がある等様々です。

身体だけでなく、自宅環境やその人の性格等、幅広い視野が必要です。

「こうすれば良くなるのではないか」と考えて行動できる人、そしてその努力を惜しまない人が理学療法士に向いていると思います。

最後に

おすすめの転職サイト

  • PTOT人材バンク
    理学療法士が転職サイトを1つだけ使うならここがおすすめです。 給与交渉や勤務時間の交渉も代行してくれるので、少しでも良い環境で働きたい人はここを使いましょう。
  • PTOTキャリアナビ
    対応エリアは一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)のみですが、このエリア内なら手厚いサポートを受けることができます。
  • マイナビコメディカル
    転職大手のマイナビが運営している医療従事者専門の転職サイト。常勤正社員〜扶養内で働きたい人のための非常勤求人まで豊富な求人があります。

-理学療法士の仕事の本音

Copyright© 理学療法士の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.